ニュースリリース

2022/03/30ニュース
次世代内航電気推進タンカー船「あさひ」竣工について

旭タンカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 中井和則)が、興亜産業株式会社(本社:香川県丸亀市、代表取締役社長 眞砂徹)にて、かねてより建造中であった世界初となるピュアバッテリー電気推進タンカーが2022年3月30日に竣工しました。

本船は竣工後に川崎に回航され、夜光繋船場に設置された陸上給電設備による受電・対向試験を行い、操業の準備が整い次第、舶用燃料供給船として東京湾内に就航する予定です。また、2023年3月には井村造船株式会社(本社:徳島県小松島市、代表取締役社長 井村享之)にて2隻目のピュアバッテリー電気推進タンカーの竣工を予定しています。

 

<竣工の様子>

 

<主要目>

(1)寸法 全長62.00m / 全幅 10.30m / 型深さ4.70m
(2)船級 ClassNK 日本海事協会
(3)積載貨物 重油
(4)総トン数 492トン
(5)速力 約10ノット
(6)タンク容量 1,277m3
(7)推進装置 推進装置:川崎重工業株式会社製 川崎バッテリーシステム
アジマススラスター 300kw  x 2基
サイドスラスター   68kw  x 2基
(8)バッテリー容量 3,480kwh

 

当社は電気推進船などの先進船舶の開発・導入を通して、内航海運の喫緊の課題である乗組員の労務環境改善と地球環境保全に取り組み、サステイナブルな海運業を実現します。そして、更なる安全、且つ良質な輸送サービスを提供することによって我が国の社会・経済に貢献していきます。

PAGE TOP