中途採用の正社員紹介

海運会社の中途採用社員の紹介 001海運会社の中途採用社員の紹介 髙内紘一トップ画像

髙内 紘一
安全管理部 安全管理チーム 正社員
2012年 中途採用入社

前職の業種を教えてください。

内航船に船員として乗っていました。

転職のきっかけと旭タンカーへ入社する決め手となったことは何ですか。

船(に関わる仕事)から離れられませんでした。内航タンカーの業界しか知らず、自分の今までの経験が活かせるという仕事だったので、良い仕事かなと思いました。
旭タンカー株式会社の場合は、(内航タンカーオペレーターの中でも)安全に厳しいというイメージがあったので、そうしたところで自分を厳しい環境に置き、自分のレベルを上げることができるのではないかと思い、旭タンカーへ決めました。

(前職の)海上職から陸上職へのきっかけは何ですか。

自分の技量を上げる、また知識を広げるといった経験を積むためには、オペレーターサイドで陸上職を経験することが、絶対自分にとってプラスになるという考えがありました。
実際に入社して社内には、経験と知識を持った優秀な社員が多く、また所有船舶の隻数も多く、資金力を含め、力を持っていることを実感しました。

海運会社の中途採用社員の紹介 髙内紘一インタビュー画像

旭タンカーへ転職して良かったと思うことを教えてください。

会社の雰囲気がとても良いと思っています。仕事がしやすい環境で、人間関係も良いと思います。あとは、周りにレベルの高い社員が多いので、いろいろと勉強になり、自分の技量にあった仕事を与えてもらえ、日々レベルアップしていることを実感できます。また、一番嬉しいことは、毎日家族に会えて、毎週休みがあることです。

海運会社の中途採用社員の紹介 髙内紘一業務画像

(前職で)船員として仕事をしていた経験は、現在の仕事で活きていますか。

(現在の所属部署である)安全管理部の仕事の一つとして乗組員への教育があり、船の知識がないと勤まらない部分があります。そうした教育をするにも、船の仕事を理解しているからこそ、教育ができます。今まで自分が(船での)経験を積んでいるから、乗組員側も、「こいつは船に乗っていたから、自分達の気持ちも分かるし、見るところも見て、指摘しているな」と感じて、それなりに対応してくれます。そうしたところが、すごく今までの経験が活かされていると感じます。その他、事故やトラブルの対応もありますが、自分が船員としての環境で今までやっていたので、状況の想像ができ、海上職の経験がない人と比べると状況が把握しやすいです。また、それをすぐにお客様へ説明するにも、今までの経験があるから状況の説明ができる、そこが強みじゃないかなと思います。船員としての経験は十分に活きていると感じます。

海運会社の中途採用社員の紹介 002海運会社の中途採用社員の紹介 井上慎一朗トップ画像

井上 慎一朗
総務部 総務・企画チームリーダー 正社員
2001年 中途採用入社

前の職業と入社から現在までの経歴を教えてください。

前職は金融機関のプログラマーでした。旭タンカー株式会社に入社後は情報システム、総務に各3年ほど。内航業務チームが1番長く8年間所属し契約関係・船主対応等を担当していました。この4月からは総務・企画チームに所属しています。

転職のきっかけを教えてください。

転職した2000年前後は金融機関の破綻が相次ぎ将来に不安を感じ転職を考えました。結果的にはどの会社に入ろうが将来は分かりませんが、もともと物流に興味があり、その中でも漠然と海に憧れがあり応募しました。

転職して良かったと思うことは何ですか。

前職に比べると船会社は比較的おおらかですね。人によって合う合わないはあるかと思いますが、個人的には良い雰囲気だと思います。また石油元売会社・商社・船主等さまざまな人達と出会え、出張で今まで行ったことのない所に行けるのは船会社の魅力の一つかもしれません。

海運会社の中途採用社員の紹介 井上慎一朗業務画像

仕事のやりがいは何ですか。

(東日本大)震災の後に、宮城県に一番最初にガソリンを積んで持って行ったのは、我々の船だったんですけれども、それがテレビとか新聞にも「A」という旭タンカー株式会社のマークのついた船が載って、会社の経営理念に「石油・ケミカル製品類の海上輸送事業を通じて、暮らしに欠かせないエネルギー・資材の安定供給を支えています」というのがありますが、それを初めて実感したというか、自分たちの携わっている仕事が世の中に役に立ってる、エネルギーのインフラを支えているということを実感したという意味では、やってて良かったなと初めて感じたのかもしれません。

海運会社の中途採用社員の紹介 井上慎一朗インタビュー画像

転職を考えている方へ。

旭タンカー株式会社は今年創業65年を迎えますが、事業統合を経て会社が大きくなったのはここ10年ほどです。新卒だけでなく我々のような中途採用や他の会社から転籍されてきた方もいますし、そういった面では、多様な個性・文化を受け入れる土壌があると思います。新卒も含めて採用を増やしている、まだまだこれからの会社ですので、一生懸命頑張れる方の応募をお待ちしています。

海運会社の中途採用社員の紹介 003海運会社の中途採用社員の紹介 山下隆男トップ画像

山下 隆男
内航2部 業務チームリーダー 正社員
1998年 中途採用入社

前の職業と入社から現在までの経歴を教えてください。

旭タンカー株式会社に入社する前はカナダのカルガリーにある旅行会社に勤めていました。主に現地係員として日本から来られるお客様の空港への送迎を行ったり、カナディアンロッキーの観光へお連れする仕事をしていました。約1年半勤めましたが、当時は海外で生活していくことに限界を感じて帰国し、直ぐに就職活動を行いました。そこで旭タンカーと出会い入社することとなりました。最初に配属された部署は外航部で、タンカーの運航業務を行っていました。約2年タンカーの運航業務を行った後、大手商社に出向しました。そこでは主にタンカーとタンクローリー車の運行業務に従事していました。出向終了後、今度は大手外航船社に出向しました。そこではタンカーの運航と配船業務を行いました。その関係でロンドンに赴任し、配船業務を行っておりました。帰国後、外航部に戻りケミカル船チームの運営を任されました。その後、現在の部署への異動となりました。

転職のきっかけを教えてください。

転職雑誌を拝見し、旭タンカー株式会社が掲載されていました。そこにはタンカーの優美な写真と“効率運航“という文字が目に入ってきました。大学の研究論文で”最適化手法“について学んだ研究が”効率運航“に応用できるのではないかと大変興味を持ち、入社致しました。

海運会社の中途採用社員の紹介 山下隆男業務画像

転職して良かったと思うことは何ですか。

様々なお客様との繋がりや出向時に培った人脈等、多数のお客様との交流を通じ大変貴重な経験をさせてもらっています。

海運会社の中途採用社員の紹介 山下隆男インタビュー画像

前職と比べてギャップはありましたか。

業種が全く違うため何を比べればよいか分かりませんが、前職ではお客様を各地にお連れすることが多かったので現場に出て常に体を動かしておりましたが、現職では主にデスクワークとなるので適度な運動が必要と感じながらも、結局しないので運動不足になっています。転職後は、風通しが良く諸先輩方々に面倒をみてもらいながら育ててもらったこともあり、非常に働き易い環境であったと思います。