SHIMANAMI SUNSHINE 遭難者救助

当社社船“SHIMANAMI SUNSHINE(シマナミ サンシャイン)”が遭難者を救助

当社社船“SHIMANAMI SUNSHINE”は2017年4月6日、太平洋パプアニューギニア・ロング島北西の海上において、遭難したプレジャーボートとその乗組員4名全員を無事に救助しました。調べによると、彼らはボートで釣りに出た後、高波に巻き込まれ遭難し、およそ48時間漂流していたということです。

 

救助の経緯は以下の通りです。

・2017年4月6日09時34分(以降すべて現地時間)ポートケンブラ港(オーストラリア)からウルサン港(韓国)に向けて航行中だった“SHIMANAMI SUNSHINE”は、遭難し漂流しているプレジャーボート乗組員を発見し、国際法規と船員の慣行に基づき直ちに救助活動を開始した。

 

・同 11時34分、当該遭難者4名を無事救助した。

・同 17時24分、被救助者全員をパプアニューギニア沿岸警備隊が手配したボートへ引き渡した。